インプラント矯正ってどんなもの?メリットや治療の流れをご紹介

  • ホーム > 
  • ブログ > 
  • インプラント矯正ってどんなもの?メリットや治療の流れをご紹介

アンカースクリューを用いた“インプラント矯正”についてご紹介します。

 

・インプラント矯正とは

インプラント矯正とは、「アンカースクリュー」という小さなねじを歯ぐきの骨の部分に埋入し、

スクリュー(ねじ)を固定源として歯を動かす治療法です。

アンカースクリューは直径1~2㎜程度、長さ6~10㎜程度のチタン合金製のねじで、

矯正治療の終了後に除去します。チタン合金は体に優しい素材ですので安心してお使いいただけます。

骨に埋め込んだスクリューによって硬くて動かない取っ掛かりができ、

より精度の高い治療結果が期待できます。

 

・インプラント矯正のメリット

1.強い固定源

たとえば、小臼歯(前から4・5番目の歯)を抜歯して、前歯を後ろに下げたい場合、

通常の方法であれば、前歯と奥歯で引っ張り合うため、奥歯が前に動く力も働いてしまいます。

しかし、アンカースクリューを用いた治療の場合、強固な固定源を得ることができるため、

スクリューから前歯部を引っ張ることができ、奥歯はその場にとどまることができます。

そのため、通常の矯正治療よりも前歯を後ろ方向へ大きく動かすことができます。

 

2.治療期間の短縮が期待できます。

従来の方法では何段階かに分けて移動を行うようなケースでも、

矯正用アンカースクリューを用いれば、

まとめて移動することができるために治療期間を短縮できることが多いです。

 

3.非抜歯治療の可能性が向上

アンカースクリューを固定源にすることで、

従来の矯正治療ではほぼ不可能とされていた奥歯をさらに奥へ動かす動きができるようになりました。

そのため、従来の方法であれば抜歯が必要な患者様でも、

抜歯をせずに歯を並べられる可能性が高くなります。

 

4.患者様の負担を軽減

従来の方法では、動かしたくない歯が動かないようにするためヘッドギアー等の

装置を患者様に使用してもらう必要がありました。

この装置は決まった時間と用法で毎日使用しなければならず、患者様の負担も大きく、

その効果は患者様の協力次第でした。しかしながら、アンカースクリューを用いると、

患者様の協力に頼ることなく、治療成果を達成できるようになります。

 

5.大臼歯(前から7.8番目の歯)・前歯の圧下が可能になります

これまで、困難であった圧下(歯の移動方法の1つで、

歯を歯ぐき方向に押し込むこと)が可能になります。

そのため、ガミースマイル(笑った時に歯茎が大きく目立って見えてしまう口元)の改善や、

開咬(奥歯で噛んでいても前歯が嚙み合わずにすき間が開いている歯並び)の

改善が可能になってきました。

 

6.外科矯正の回避が可能になる

外科的矯正治療(通常の矯正治療では十分に噛み合わせの改善が難しい場合に、

矯正治療と外科的手術を併用すること)が必要な症状であっても、

外科手術を回避することができる・または外科手術を行った場合でも手術の負担を少なくすることが可能です。

 

・治療の流れ

1.スクリューの植立

麻酔をした後、歯ぐきなどにスクリューを入れます。1本入れるのに3分ほど時間がかかります。

処置の際は、麻酔をするので強い痛みはありませんが、半日~3日程度は痛みが出ることがあります。

痛みが出た場合は、鎮痛剤を飲むなど主治医の指示に従ってください。

 

2.スクリューの安定を確認

歯の移動を開始する前に、スクリューが安定したかを確認する必要があります。

すぐに安定する場合もあれば、少し様子を見る場合もあります。

 

3.歯の移動を開始

スクリューと他の装置(ブランケットなど)にゴムやスプリングをかけて歯に力をかけ、歯の移動を開始します。

 

4.スクリューの除去

必要な歯の移動が終了したらスクリューは除去します。歯ぐきは1週間ほどで治癒します。

 

スクリューのお手入れは、清潔に保つために柔らかい歯ブラシで軽くこすって行います。

不安になればいつでもスクリューを外せますのでご安心ください。

万が一スクリューが抜けてしまった場合でも、部位を変えて再植立することができます。

 

インプラント矯正にご興味がある方は、ぜひ一度ご相談ください。

当院の矯正治療について詳しくはこちらをご覧下さい。

矯正歯科|門真市(西三荘駅近く)の歯医者「すが歯科・矯正歯科」 (suga-dent.com)

 

 

矯正歯科には、「見た目の悪さ」を主訴にご来院いただく患者様がほとんどです。

出っ歯や乱杭歯(歯並びがデコボコに乱れている不正咬合)など、

審美性の低下をいかに回復させるかが最大の焦点になっています。

もちろん、審美性を向上させることは矯正治療において最も重要な目的の1つです。

ただ、もう1つ、治療目的として重視しなければならい点がございます。それは歯の機能性です。

そもそも歯は、食事の際の咀嚼機能を担った組織です。

前歯は「食べ物を噛み切る」、犬歯は「食べ物を切り裂く」、奥歯は「食べ物をすりつぶす」と

いった役割を果たしています。そして、個々の歯が正常に機能するためには、

歯列全体の調和がとれていなければいけません。つまり、不正咬合というのは、

見た目が悪いだけでなく、咀嚼機能も阻害しているのです。

そのため、私たち矯正医は診療にあたって、「審美性の向上」+「機能性の回復」を念頭に置いて、

治療計画の立案から施術に至るまでを行っております。

ですから、見た目の問題だけでなく、「上手く噛めない」といった機能に関わる問題でも、お気軽にご相談ください。

 

当院では、インプラント矯正以外にも、インビザライン(マウスピース矯正)、

セラニックブランケット(クリッピー)、メタルブランケット(アレキサンダーブランケット)、

インコグニート(裏側矯正)など様々な矯正治療に対応しています。

 

当院の矯正治療について詳しくはこちらをご覧下さい。

矯正歯科|門真市(西三荘駅近く)の歯医者「すが歯科・矯正歯科」 (suga-dent.com)

 

お口のことで気になることがあれば、どうぞお気軽にご来院ください。

 

医療法人凌和会 すが歯科・矯正歯科

★住所:〒571-0046 大阪府門真市本町7−18
★TEL:06-6900-4182
★公式ホームページ:https://www.suga-dent.com/
★グーグルマップ:https://goo.gl/maps/YSRhAJzsHfn

Instagram・各種専門ホームページ等

https://linktr.ee/sugadental

Post views: 514 views