矯正歯科

すが歯科クリニックの矯正歯科について

門真市西三荘駅の歯医者「すが歯科クリニック」では、小児、成人共に歯列矯正対応可能です。このページでは、当院の矯正歯科についてご紹介します。

不正咬合の種類

歯並びやかみ合わせの悪さを専門的には「不正咬合(ふせいこうごう)」といいます。矯正歯科にご来院頂く患者様は、主に以下に挙げるような不正咬合を主訴としております。

乱杭歯(叢生)

乱杭歯(叢生)

乱杭歯(らんぐいば)とは、歯並びがデコボコに乱れている不正咬合です。専門的には叢生(そうせい)と呼ばれており、清掃性が悪く、虫歯や歯周病のリスクも高いといえます。

出っ歯(上顎前突)

出っ歯(上顎前突)

出っ歯とは、上の前歯が前方へ突出した不正咬合です。専門的には上顎前突(じょうがくぜんとつ)と呼ばれています。

受け口(下顎前突)

受け口(下顎前突)

受け口とは、下の前歯、あるいは顎が前方へ突出した不正咬合です。専門的には下顎前突(かがくぜんとつ)と呼ばれています。

すきっ歯(空隙歯列)

すきっ歯(空隙歯列)

すきっ歯とは、歯と歯の間に隙間がある不正咬合です。専門的には空隙歯列(くうげきしれつ)と呼ばれ、食べ物が詰まりやすかったり、発音に障害が現れたりすることがあります。

開咬

開咬

開咬(かいこう)とは、歯列の前歯部に隙間が生じている不正咬合です。前歯でものを噛み切ることがでなかったり、口呼吸の原因となったりすることもあります。

過蓋咬合

過蓋咬合

過蓋咬合(かがいこうごう)とは、上下のかみ合わせが深くなっている不正咬合です。深みかみ込むため、歯が摩耗したり、歯肉を傷めたりすることがあります。

機能回復の為の矯正

機能回復の為の矯正

矯正歯科には、「見た目の悪さ」を主訴にご来院頂く患者様がほとんどです。上述したような出っ歯や乱杭歯など、審美性の低下をいかに回復するかが最大の焦点となっています。もちろん、審美性を向上させることは、矯正治療において最も重要な目的の1つです。ただ、もう1つ、治療目的として重視しなければならない点がございます。それは歯の機能性です。

そもそも歯は、食事の際の咀嚼機能を担った組織です。前歯は「食べ物を噛み切る」、犬歯は「食べ物を切り裂く」、奥歯である臼歯は「食べ物をすりつぶす」といった役割を果たしています。そして、個々の歯が正常に機能するためには、歯列全体の調和がとれていなければいけません。つまり、不正咬合というのは、見た目が悪いだけでなく、咀嚼機能も阻害しているのです。

機能回復の為の矯正

そのため、私たち矯正医は診療にあたって、「審美性の向上」+「機能性の回復」を念頭に置いて、治療計画の立案から施術に至るまでを行っております。ですから、見た目の問題だけでなく、「上手く噛めない」といった機能に関わる問題でも、お気軽にご相談ください。特に、お子様の場合は、機能性の異常から矯正治療が必要になるケースが珍しくありませんので、就学年齢に達する時期までには、一度健診を受けることをお勧め致します。

矯正装置の紹介

セラミックブラケット(クリッピー)

セラミックブラケット(クリッピー)

マルチブラケットとは、歯の表面にブラケットとワイヤーを設置することによって歯を移動させる矯正法です。最もポピュラーな矯正法で、様々なメリットが挙げられます。当院ではその中でも「クリッピー」と呼ばれるセラミックブラケットを取り扱っております。クリッピーの素材は透明セラミックとロジウムコート金属で、セラミックは歯の色に似ていますので、メタルブラケットより見た目の違和感がありません。ホワイトワイヤーと組み合わせることで、さらに目立ちにくくなります。セラミック製なので金属アレルギーが心配な方でも使用できます。

クリッピーの特徴
  • 歯の移動を柔軟にコントロールできる

    クリッピーの大きな特長は、治療の各段階に合わせて、適切なワイヤーやブラケットの固定度合いを選べることです。歯牙移動を柔軟にコントロールして、より短い時間で治療効果を上げる事が可能です。

  • ワイヤー交換が簡単

    開閉が容易なインタラクティブクリップを採用したことにより、ワイヤー交換が簡単でスムーズに行えます。

メタルブラケット(アレキサンダーブラケット)

メタルブラケット(アレキサンダーブラケット)

アレキサンダーブラケットは、メタルブラケットの一種です。効率的で、シンプルで、精密な仕上がりをもたらすブラケットシステムといえます。

インコグニート(裏側矯正)

インコグニート(裏側矯正)

インコグニートとは、舌側矯正装置の一種で、ブラケットとワイヤーが歯列の裏側に設置されるため、外からは全く見えません。また、従来の舌側矯正用ブラケットと比較すると、スロットの位置や向き、角度などを自由に設計することが可能なため、ブラケットの厚みが薄く、装着時の不快感も少なくなっています。

インコグニートの特徴
  • 外から見えない
  • 装置をコンパクトに設計できる
  • 色々な症例に適応できる
  • 歯が脱灰されにくく、虫歯になりにくい
インビザライン(マウスピース矯正)

インビザライン(マウスピース矯正)

インビザラインとは、マウスピース型矯正の一種で、「アライナー」と呼ばれる透明な樹脂製のマウスピースで歯を動かします。そんなインビザラインの特徴は以下の通りです。

インビザラインの特徴
  • コンピューターシミュレーションによって歯が動くプロセスを確認できる
  • 異物感が少ない
  • 取り外しが可能
  • 目立たない

▼マウスピースについて詳しくはこちら

インビザラインの特徴

インプラント矯正

インプラント矯正

インプラント矯正とは、「アンカースクリュー」と言う小さなネジを歯肉の骨の部分に埋入して、歯を動かす時の固定源として用いる治療法です。
インプラントよりは小さく、直径1.4~2㎜程度、長さ6~10㎜程度のチタン合金製のネジで行います。矯正治療の終了後に、抜きますのでご安心下さい。

インプラント矯正のメリット
  • 強い固定源
    小臼歯を抜歯して前歯を後ろに下げる場合、前歯と奥歯で引っ張り合います。
    矯正用アンカースクリューを用いることで強固な固定源を得ることができ、通常の矯正治療よりも大きく前歯を後ろに動かすことができます。
  • 治療期間の短縮
    矯正用アンカースクリューを用いれば、まとめて移動することができるため、治療期間を短縮できることが多いのです。
  • 非抜歯治療の可能性向上
    アンカースクリューを用いることで奥歯を後ろに動かすことができるようになりました。
    そのため、以前は小臼歯抜歯が必要な患者様でも、抜歯をせずに、歯を並べられる可能性が高くなります。
  • 患者様の負担軽減
    従来は患者様にヘッドギアーなどを使用してもらっていましたが、その協力の度合いで治療の成功率が変わっていました。しかしながら、アンカースクリューを用いると、患者様の協力に頼ることなく、治療成果を達成できるようになりました。
  • 大臼歯、前歯の圧下
    これまで、困難であった圧下が可能となってきました。前歯部の圧下によるガミースマイルの改善や、開咬の改善などが可能となってきました。
  • 外科矯正の回避
    外科的矯正治療を回避することが可能です。外科手術の負担が少なくできるようにも考えられます。

小児矯正

お子様のこんな症状に心当たりはありませんか?
  • 鼻がよくつまる
  • 口をぽかんと開けている
  • いびきをかく
  • 前かがみで姿勢が悪い
  • 食べている時ぺちゃぺちゃ音がする
  • 喋るときの舌の位置がどうも気になる
  • 何かを飲み込む時に舌が前に出てくる
  • 上の歯列の形がA字型になっている
  • 扁桃腺が腫れたりかぜをひきやすい
  • 日中ボーっとしてて、集中力がない

こんな症状がでたら不正咬合かもしれません。矯正治療で正しい歯並びを手に入れましょう。

プレオルソについて

プレオルソについて

プレオルソとは、お子様用の「マウスピース型矯正装置」です。対象となるのは4~9歳くらいまでのお子様で、「歯を適切な場所へ動かす」というよりは、「歯並びを悪くしている原因を取り除く」矯正法といえます。

歯並びを悪くしている原因とは?

私たちの歯は、「舌筋・頬筋・口輪筋」といった口腔周囲の筋肉が正常に機能することによって、適切な場所へと並んでいます。ですから、これらの筋肉のバランスが悪いと、歯列も自ずと乱れていくのです。プレオルソは、そんな口腔周囲筋のアンバランスを改善するマウスピース装置です。

プレオルソの特徴
01

いつでも取り外せる

プレオルソは着脱可能な装置ですので、治療に伴うストレスや違和感を最小限に抑えることができます。オーラルケアがしやすく、虫歯のリスクも減少します。

02

外でつける必要がない

プレオルソは「日中1時間」と「就寝時」に装着して頂くだけで矯正力を発揮しますので、学校へ持っていく必要がございません。

03

後戻りが少ない

歯列矯正には「後戻り」がつきものですが、プレオルソは不正咬合の根本的な原因を除去する矯正法であるため、治療後の後戻りがほとんどありません。

04

矯正にかかる費用を安く抑えることができる

プレオルソによって口腔内の環境が整えば、その後、新たに矯正が必要のなったとしても、治療期間を短縮することができます。その結果、矯正治療にかかる総額を安く抑えることが可能です。

▼小児矯正について詳しくはこちら

小児矯正について詳しくはこちら

矯正費用について

トータルフィーシステムを採用しております。

当院では、調整料も治療費用にすべて含んだ
トータルフィーシステム(定額制)を採用しております。
その為、通院するたびに追加費用が発生する心配がございません。

料金表

※表示価格は税別です。

矯正診断料 30,000
エクストリュージョン(矯正的挺出) 50,000
骨形態修正手術 50,000
MTM(部分矯正) 100,000?
プレオルソ 50,000
小児矯正 50,000
頬側矯正(セラミックブラケット) 700,000
頬側矯正(メタルブラケット) 600,000
舌側矯正(リンガル矯正) 1,000,000
舌側矯正 (ハーフリンガル矯正) 900,000
マウスピース矯正(インビザラインライト)※部分矯正 400,000
マウスピース矯正(インビザラインフル)※全体矯正 800,000
マウスピース矯正で抜歯が必要なケース +100,000
ミニアンカー(矯正用ミニインプラント) 100,000
リテーナー(保定装置)修理、再作成時 20,000/片顎

お口のことで気になることがあれば、どうぞお気軽にご来院ください。来院される際は、下記のバナーからWeb予約をお願いいたします。

Web予約はこちらからWeb予約はこちらから