新型コロナウイルス対策 当医院で実施している内容 ~まとめ~

  • ホーム > 
  • ブログ > 
  • 新型コロナウイルス対策 当医院で実施している内容 ~まとめ~

当医院は、

治療を必要としている方々のために診療を続けています。

歯科医院は感染リスクが高いとマスコミで報じられていますが、処置によって、急な治療を要する患者さんのことを考えると休業するわけにはいきません。

そのため、医療従事者として「私たちができること」を考えながら、当院では診療を続けていきます。


 

新型コロナウイルス対策として

診療室は完全個室

他の医院では診療ユニットが近いため、横の患者様からの感染の可能性がありますが、当医院は完全個室診療で、全診療室に窓があり換気が出来るため、患者様同士の院内感染を防ぐことが可能です。

また、個室の医院の中でも全診療室に窓がある医院はかなり珍しいです。

 

全ての診療室に口腔外バキューム

さらに、全ての診療室に口腔外バキュームが備え付けられています。このような設備は大学病院クラスです。

徹底した器具の滅菌・消毒

患者様のお口に入れる器具はハイクラスの滅菌器での滅菌の後アルコール又はオゾン水で消毒をしてから使用しています。ヨーロッパ基準の最高クラスの滅菌機器(クラスBオートクレーブ)や急速滅菌で患者さんの歯を削る器械は、毎回患者さん毎に滅菌しています。

 

 

患者様へののお願い

手指消毒にご協力ください

クリニック入り口に手指用の消毒液をご用意しております。
ご来院の際は、ご入室の前に必ず手指消毒をお願いいたします。

 

マスクの着用のお願い

ご来院の際はマスクの着用をお願いいたします。特に、最も感染リスクが高いであろう待合室におきましてはマスクを着用してお待ちいただきますようお願い申し上げます。

 

診療室入室前に当院スタッフが全ての患者様の手指を消毒させて頂きます

当院では、待合室と診療室を清潔レベルを変えて管理しております。
院内感染防止のため、診察室へ向かう前にスタッフより手指用オゾン水の噴霧をさせていただきます。
ご理解ご協力のほど何卒よろしくお願い致します。
また、治療前にオゾン水を用いた口腔内消毒もお願いしております。

 

咳エチケットへのご協力をお願いいたします

 

発熱時のフローチャート


※クリックすると拡大します。

 

 

当院の感染対策9つの取り組み

取り組み1.院内の換気

クラスターの原因である「3つの密」を作らないように換気を徹底しております。窓を開け、換気をよくした状態で個室での診療を行なっていきます。
また、当医院は全診療室に窓がある珍しい医院です。

オゾンガスで院内のウイルスを撃退

歯科医院は医療施設の中で最も院内感染の可能性が高いからこそ、「レベルの高いクリーンな院内環境の整備」が必要です。
そのため、当医院では、「クオリティの高い清潔環境」を整備し院内環境の向上に努めています。

オゾン発生機で目に見えない細菌・ウイルスやカビ類も化学的に無害化することにより、クリーンな環境を作ります。

取り組み2.待合室での他の患者様との関わりを避ける

受付でなるべく人がすれ違わないよう、待合室と診療室の両方を使って、順番をお待ちいただくときでもソーシャルディスタンスが保てるようにいたします。

また、「密集、密接」を回避するため、患者様におかれましても予約時間の厳守をお願いいたします。

 

取り組み3.オゾン水で手指の消毒

オゾン水は新型コロナウイルスを含めたウイルスや細菌等の殺菌・除菌が可能です。また肌に優しいため、アルコール消毒と違ってあかぎれや手が荒れるなどの心配はございません。

 

取り組み4.体温検査

午前・午後・夕方のスタッフの体温検査や来院される患者様にも診療前に体温検査をさせていただき、院内感染の防止に努めています。

37.5℃以上の熱」や」のある方は受診していただくことはできません。
予めご了承ください。

 

取り組み5.オゾン水でのうがい

オゾン水をすすめる理由とは

オゾン水は新型コロナウイルスを含めたウイルスや細菌等の殺菌・除菌が可能です。また、オゾン水でうがいをすれば、むし歯予防や口臭カットにも効果があることが認められています。

 

取り組み6.オゾン水加湿

ウイルスは比較的乾燥に強いことが知られており、乾燥状態が続くと、のどや気管支は防御機能が低下するため、感染が起こりやすくなります。
そのため、当医院では待合室・全診療室にオゾン水を入れた加湿器を置いています。

 

取り組み7.エアロゾル感染対策

全診療室に、口腔外バキュームの設置、全診療室の換気など感染対策を徹底しています。

エアロゾル(気体中に浮遊する微小な液体または固体の粒子)での飛沫感染・空気感染の対策として換気をすることは大変有効です。口腔外バキュームと換気で感染率を最大90%低下させます。

 

取り組み8.患者応対 マスクをつけての対応

マスクの着用や治療説明や受付で患者様と話すときも対面ではなく、換気している方向を向いて話すことで対処します。ご説明など聞き取りにくい場合もございますが、何卒ご理解をお願い申し上げます。

空間除菌剤の着用

また、患者様と関わるスタッフの人数を減らしたり、スタッフ全員が首下げタイプの空間除菌剤を着用等の対策も行っています。
首下げ空間除菌剤を診療時着用することで、診療時、患者様の顔のまわりを除菌環境にしています。

 

取り組み9.患者様の希望の確認

治療をすすめるにあたって
治療に関しては現段階でどこまで治療をすすめるのかを個々の患者様の口腔内の状況とご要望に応じて対応いたします。
患者様にとって最善の方法を話し合い進めさせていただきます。

 

取り組み10.プラズマクラスター搭載空気清浄機の設置

プラズマクラスターは空気中に浮遊する新型コロナウイルスに対する効果の検証が行われ、減少するという結果が出ました。市販の製品での効果はシャープによると未確認だそうですが、長崎大学の安田二朗教授は「効果のある濃度を発生させ、維持する空間を実現できれば、実空間でも効果を出せる」との見方があり、各診療室に設置しております。

 

一番に患者様とスタッフの健康を守る

ことが院長の務めだと考え、

すが歯科クリニックでは以上のような他の医院では行っていないような取り組みをしています。

そのため、患者様自身もクラスター対策を意識し日頃の行動に十分気をつけていただき、医療従事者への配慮をしていただければ幸いです。

 

最後に

当医院に関わるスタッフ・患者様に感染者はでておりません。

今後も感染者がでないようにするために、世の中の状況と患者様の必要性を考慮し、様々な取り組みを

段階的に実施しています。

全員が、感染しないために一人一人が気をつけていただき、取り組みのご協力よろしくお願い致します。

 

院長 菅良宜

 

 

 

医療法人 すが歯科クリニック
★住所:〒571-0046 大阪府門真市本町7−18
★TEL:06-6900-4182
★公式ホームページ:https://www.suga-dent.com/
★グーグルマップ:https://goo.gl/maps/YSRhAJzsHfn