麻酔注射はもう痛くない?当院は痛みに配慮した「麻酔」を行っています 

  • ホーム > 
  • ブログ > 
  • 麻酔注射はもう痛くない?当院は痛みに配慮した「麻酔」を行っています 

虫歯治療で痛みが予測される場合には、痛みを抑えるために局所麻酔をして治療が行われます。

虫歯の治療中は局所麻酔が効いていますので、基本的に痛みを感じることはありません。

しかし、その麻酔をする時の注射の痛みが苦手な方も多いのではないでしょうか。

 

当院では、治療に伴う痛みを極力排除するために、麻酔処置を行う際にも様々な点に配慮しております。

 

・表面麻酔を施す

局所麻酔では、鋭利な注射針を歯ぐきに刺すため、「チクッ」という鋭い痛みを感じます。

当院では、この針を刺す痛みを軽減するため針を刺す部位に対して“表面麻酔”を施してから麻酔を行います。

表面麻酔は、ジェル状の薬剤を歯ぐきに塗るだけなので、痛みを感じることはありません。

間もなく薬剤が浸透して歯ぐきに麻痺が生じ、注射針を刺しても痛みを感じにくくなります。

 

・麻酔液を体温まで温める

麻酔時の痛みは、注射針による刺激だけではありません。普段、冷温保存されている麻酔液をそのまま投与すると、

体温との温度差から痛みや不快感が生じることがあります。

そのため、投与する前に麻酔液が入ったカートリッジを体温に近い「37℃」にまで温めます。

温めた麻酔液によって不快感は少なくなります。

 

・極細注射針(33G)を使用

麻酔時の注射針は、太さが細いほど挿入するときの痛みは小さくなります。

当院では、歯科で最も細いサイズの注射針“33G”を使用しております。

 

・電動注射器で注入速度を一定にする

麻酔注射に伴う痛みは、麻酔液を注入するときに最も強くなります。

その原因は、注入速度です。麻酔液が一気に入ってしまうと、細胞の膨張が起こり、強い痛みを伴います。

しかし、手動で麻酔液を注入するとどうしても速度にムラが出てしまいます。

そこで当院では、コンピューター制御により麻酔液の注入速度を一定に保つことができる“電動注射器”を活用しております。

注入速度が穏やかで、やさしく注入できるため患者様に痛みや不快感をほとんど与えません。

 

以上のことを実施することで、痛みの少ない麻酔処置を実現しております。

 

医療法人凌和会 すが歯科・矯正歯科

★住所:〒571-0046 大阪府門真市本町7−18
★TEL:06-6900-4182
★公式ホームページ:https://www.suga-dent.com/
★グーグルマップ:https://goo.gl/maps/YSRhAJzsHfn

Post views: 123 views