現在世の中で報道されている集団訴訟マウスピース矯正について

  • ホーム > 
  • ブログ > 
  • 現在世の中で報道されている集団訴訟マウスピース矯正について

現在、マウスピース矯正患者が、医師や運営会社幹部を相手に損害賠償を求める

集団訴訟を起こしたことが大きなニュースになっています。

 

報道によると、“宣伝に協力すると治療費が返金され、実質0円で治療が受けられる”という

うたい文句で勧誘を行っていたが、実際には返金が途中でストップし、突如医院は閉鎖。

患者は多額のローンを抱えたまま診察予約をキャンセルされ金銭トラブルとなっている、

というものです。また、健康被害も出ているようです。

 

まず、お伝えしたいことは、マウスピース矯正という治療方法自体が悪いわけではない。

ということです。

矯正には、ワイヤー矯正・マウスピース矯正がありますが、マウスピース矯正はワイヤー矯正に比べ、

目立たない・痛みが少ない・虫歯になりにくい等、メリットの大きな矯正方法です。

あくまでも、問題があるのは詐欺を行った会社です。このような報道があると、

マウスピース矯正ってどうなんだろう?と不信に思われる方もおられると思います。

矯正治療を行う際の歯科医院は、信用できる歯科医院を選ぶことが大切です。

 

今回報道されている歯科医院でマウスピース矯正を受けた方の中には、健康被害が出ている方もいるようです。

マウスピース矯正は、どのような歯並びでも行えるわけではありません。

ワイヤー矯正でなければ治療できない症例というのが存在します。

担当する歯科医師の経験や技術、取り扱っているマウスピースの種類によって適応できる症例はかなり異なってきますが、

マウスピース矯正では適応できない症例を無理に行っても、矯正治療は失敗してしまいます。

 

マウスピース矯正は、どの歯科医師が行っても同じ結果になるというわけではなく、歯科医師ごとの経験の差が出やすい治療です。

正しい診断を行えるかどうかが治療の成果を左右します。

正しい診断を行うためには、歯科矯正や噛み合わせに関する専門知識・技術・豊富な症例経験が必要です。

 

正しい診断ができ、矯正の途中でうまくいかなかった時にはきちんとリカバリーできる技術のある歯科医師のもとで行わなければ、

矯正自体がうまくいかず、健康被害が出てしまうケースもあるのです。

 

矯正治療を行う際には、歯並び・咬み合わせを良い状態にするため、

患者様にとってどの矯正方法が適しているのかをきちんと診断することができ、

メリットデメリットをきちんと説明してもらえる、信頼できる歯科医師を選ぶことが大切です。

 

医療法人凌和会 すが歯科・矯正歯科

★住所:〒571-0046 大阪府門真市本町7−18
★TEL:06-6900-4182
★公式ホームページ:https://www.suga-dent.com/
★グーグルマップ:https://goo.gl/maps/YSRhAJzsHfn

Instagram・各種専門ホームページ等

https://linktr.ee/sugadental

Post views: 3,923 views