歯磨きのときは歯ブラシと・・・

昔に比べ歯磨きの回数は1日2回(朝、夜)、もしくは3回(朝、昼、夜)とするかたが増えてきています。

しかし、1回の歯磨きでしっかりと時間を掛けて丁寧に磨かれている方でも、歯ブラシのみで口腔内を清潔に保つことは難しいです。(歯ブラシだけの歯間部の歯垢除去率は60%程度と言われています。)

どうしても、歯ブラシだけでは届かない場所に歯垢が溜まってしまい、そこから虫歯や歯周病につながってしまいます。

デンタルフロスと歯間ブラシを使用する

一つはデンタルフロスを使用することで、歯と歯の隣接している部分の汚れを取り除きます。それが不十分な場合、その部分が虫歯になる原因となります。

もう一つは歯間ブラシです。歯の根元の周りは歯ブラシが当たりにくく特に裏側は歯垢が溜まりやすいです。その歯垢が長期間溜まると病原性を増し、歯周病などの原因となります。

これらを併せて使用することで、歯垢の除去率は80~90%に高まります。

しかし、デンタルフロス、歯間ブラシを誤って使用したり、ご自身に合っていない物を使用するとかえって歯茎や歯を痛める原因となりますので、初めて使用する場合や使い方やご自身に合う物がわからない場合は歯科衛生士にご相談ください。(口腔の状態によっては適さない場合もあります。)

定期検診と日々のケアが重要

お家でのケアが不十分だと、定期的に歯医者に通われていても効果は十分に発揮されません。反対に日々のケア+定期検診をしていると、効果がしっかりと出ます。

初めのうちは時間がかかったり、やり方が難しくて手間取るかもしれませんが、毎日してると徐々になれてくるので、継続してやっていきましょう。

 

医療法人 すが歯科クリニック

★住所:〒571-0046 大阪府門真市本町7−18
★TEL:06-6900-4182
★公式ホームページ:https://www.suga-dent.com/
★グーグルマップ:https://goo.gl/maps/YSRhAJzsHfn