内ほほを噛んでしまう癖に注意

みなさんは、内ほほを噛んでしまうこと、ありませんか?

食事中にふいに噛んで痛い思いをした!という経験は誰にでもあると思います。

しかし、

・無意識のうちに噛む行為が癖になっている

・気が付いたら噛んでいることがある

・どうしても気になって何度も噛んでしまいなかなかやめられない、

という場合は、注意が必要です。

・集中している時や、ボーっとしている時

・仕事が忙しい時や考え事をしている時など

ほほを噛むことが癖になっていませんか?

 

ほほを噛んでしまう癖は自傷行為の1種であるとみられ、

うっかり噛んでしまった一回限りものから、

意識的に繰り返してしまうというものまで頻度や程度は様々です。

 

ほほを噛む主な原因は、ストレスや疲労、不安、退屈だと言われています。

その他、歯並びが原因で噛みやすい場所がある、歯ぎしりで噛んでしまうという場合もあります。

 

繰り返しほほを噛んでいると、口の中は傷つき、傷ついたところが白い斑点状になってきます。

さらに同じ場所ばかり噛んでいるとひどい場合には潰瘍ができてしまう可能性もあります。

 

ほほを深く噛んでいる場合は特に危険で、最悪のケースでは口腔がんのリスクを高める危険性もあります。

(口腔がんの最大のリスクは喫煙だと言われていますが、

ほほ噛みや合っていない入れ歯等による慢性的な刺激もリスクの一つに挙げられています。)

 

では、このような癖をどうやったらやめられるでしょうか。

・ストレスを減らす

・どんな時にほほを噛んでいるか原因を探ってみる

(緊張している時に噛んでいる・暇な時に噛んでいる・仕事の締め切りが近づくと噛んでいる等)。

そして、その場面がきたらガムを噛むなど別の行動をとってみる

・歯ぎしりや歯並びが原因と考えられる場合は、歯科で相談しマウスピースを作成する

 

ずっとやっている癖を急にやめるというのは難しいことですが、少しずつ改善していきましょう。

ストレスの軽減には、湯船につかっての入浴や軽い運動がおすすめです。

 

また、噛んでしまったときには

・清潔を保つため、うがいを多めに行う。また、丁寧なブラッシングを行う。

・刺激が強い食べ物は避ける

・ビタミンを積極的にとる

ことを心がけましょう。

 

医療法人凌和会 すが歯科・矯正歯科

★住所:〒571-0046 大阪府門真市本町7−18
★TEL:06-6900-4182
★公式ホームページ:https://www.suga-dent.com/
★グーグルマップ:https://goo.gl/maps/YSRhAJzsHfn

Post views: 61,271 views