予防歯科

定期検診で健康なお口を維持しましょう。

門真市西三荘駅の歯医者「すが歯科クリニック」は、担当衛生士制を採用し、皆様の定期検診をサポートしております。このページでは、当院の予防歯科についてご紹介します。

どうして定期検診をするのか?

どうして定期検診をするのか?

最近では「予防歯科」という概念が日本でも広く普及してきました。虫歯も歯周病も予防するのが当たり前。そんな「予防の時代」だからこそ、定期検診の重要性も高まっています。ここではそんな定期検診を受ける理由について、2つの観点からお伝えします。

1. 虫歯の予防

1. 虫歯の予防

虫歯になると、歯質が虫歯菌によって溶かされます。治療をするにしても、汚染された部分を削りますので、さらに歯質が損なわれます。そうした失った歯質は、元に戻ることはありません。詰め物や被せ物などの補綴物で補うことはできますが、歯の寿命は確実に短くなってしまっているものとお考えください。

それだけに、虫歯を予防することが何よりも大切であることは言うまでもありません。また、定期検診を受けることによって、自覚症状に乏しい初期の虫歯を早期発見することも可能となります。例え虫歯になったとしても、削る量を最小限に抑えるために、定期的な検診を受けることをお勧めしております。

2. 歯周病の予防

2. 歯周病の予防

歯周病は、成人の約90%がかかっている病気と言われていますが、実際に治療を受けている人の数は明らかに少ないです。というのも、歯周病は自覚症状に乏しい病気で、そもそもご自身が歯周病に罹患していることに気づいていないケースが多いからです。ちなみに、以下に挙げる症状のいずれか1つでも当てはまるものがあれば、あなたも立派な歯周病です。

  • ブラッシング後に歯肉から血が出る
  • 歯肉が腫れている
  • 歯肉が下がっている
  • 歯がグラグラと動揺する
  • 噛んだ時に強い痛みを感じる

歯科先進国と比べ、定期検診を受けている人が少ない日本

歯科先進国と比べ、定期検診を受けている人が少ない日本

残念ながら、歯科先進国と比べ、日本で定期検診を受けている割合はわずか2%と少ないのが現状です。治療が終わると歯科医院に通わなくてもいいと思われている方が多いようです。せっかく治療した歯も、また虫歯になっては意味がありません。当院では、治療後の「予防」を大切にしております。

特に、歯肉からの出血は歯周病の典型的な症状ですので、要注意です。ただ、普段から歯肉の状態を確認している人は非常に少ないと言えます。そこで定期検診を受けることで、歯周病の早期発見につなげることが可能となります。もちろん、以下に挙げるような予防歯科の治療メニューによって、歯周病の予防にも貢献させて頂きます。

「80歳で20本の自分の歯」達成者は50.2%

「80歳で20本の自分の歯」達成者は50.2%

厚労省の発表によると、「平成28年歯科疾患実態調査」の結果「80歳で自分の歯が20本以上ある人(8020達成)」は推定で51.2%に達したそうです。これは予防歯科の概念が広まり、定期検診を受ける人の数が増えたこととも強く関連しているといえます。

歯磨きで取れない汚れの種類

歯磨きで取れない汚れの種類

定期検診では、患者様のセルフケアでは落としきれない歯の汚れを除去させて頂いております。具体的には以下の3つの汚れです。

歯周ポケット内の汚れ

歯と歯肉の間には「歯周ポケット」と呼ばれる溝があります。この溝は、プラークや歯石がたまりやすく、細菌の温床となっているのですが、歯ブラシを挿入することは難しいです。

歯石

歯石はプラークが石灰化した物質で、非常に硬く、歯ブラシで除去することは困難です。そんな歯石もまた、細菌の温床となります。

バイオフィルム

バイオフィルムは細菌の集合体で、歯の表面に膜状に存在しています。歯ブラシでは除去が難しく、定期健診におけるPMTCなどが有効といえます。

当院の予防歯科メニュー

口腔内チェック
口腔内チェック 歯科医師および歯科衛生士が患者様のお口の中をチェックさせて頂き、異常がないかを診査します。虫歯や歯周病を誘発するような変化が見られた場合も、積極的に指摘させて頂き、より良い方向へと導ける処置を施します。
染め出し
染め出し プラークの染め出し液を使って、磨き残しがないかをチェックさせて頂きます。磨き残しがある部位を視覚化できるため、患者様もご自身の磨き癖などを自覚しやすくなります。
ブラッシング指導
ブラッシング指導 染め出しの結果を元に、患者様に最適なブラッシング法を提案させて頂きます。予防のプロフェッショナルである歯科衛生士が丁寧に指導させて頂きますので、日々のブラッシングにお役立てください。
PMTC
PMTC PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)とは、機械のブラシを使った歯のクリーニングです。患者様ご自身では落としきれない歯の汚れを予防のプロフェッショナルである歯科衛生士が除去させて頂きます。ブラシは軟らかい素材ですので、処置に伴う痛みはほとんどありません。歯肉のマッサージ効果なども期待でき、爽快感を得られる患者様も多くいらっしゃいます。
フッ素塗布
フッ素塗布 歯質を強化するフッ素を歯面に塗布します。フッ素は歯の再石灰化を促しますので、虫歯予防には最適の処置といえます。

お口のことで気になることがあれば、どうぞお気軽にご来院ください。来院される際は、下記のバナーからWeb予約をお願いいたします。

Web予約はこちらからWeb予約はこちらから