親知らずの抜歯(口腔外科)

  • ホーム > 
  • 親知らずの抜歯(口腔外科)

すが歯科クリニックの口腔外科について

門真市西三荘駅の歯医者「すが歯科クリニック」は、安全な外科処置を行うために、院内環境にこだわっております。
このページでは、当院の口腔外科(親知らずの抜歯)についてご紹介します。

そもそも親知らずとは?

そもそも親知らずとは?

親知らずとは、歯列の一番奥に生えてくる歯です。上下で4本存在するのですが、生えてくる本数は人によって異なります。4本とも生えてくる人もいれば、1本も生えてこない人もいます。歯肉の中に埋まっているケースも珍しくありません。そんな親知らずは、口腔内に様々な悪影響を及ぼすことが多いため、抜歯適応されるケースが多いです。

抜いたほうがいい場合、そうでない場合

全ての親知らずが抜歯適応となるわけではありません。親知らずの生えている状態や症状などによって、抜かなくてよい場合があります。具体的には、以下のような症例です。

親知らずを抜かなくてもよい症例
  • まっすぐきれいに生えている
  • 半分埋まっていても周りの歯に悪影響を及ぼしていない
  • 完全に歯肉の中に埋まっている
  • 矯正治療や移植歯として活用できる
  • ブリッジの支台歯として活用できる
  • 清掃性がよく、歯磨きしやすい

続いて、親知らずを抜いたほうがよい症例についてです。以下に挙げるように、痛みや腫れ、周囲の歯への悪影響が現れている親知らずが当てはまります。

親知らずを抜いたほうがよい症例
  • 親知らずが虫歯になっている
  • 隣の歯を圧迫している
  • 歯並びを悪くする恐れがある
  • 清掃性が悪く、虫歯や歯周病のリスクが高い

このように親知らずというのは、斜めや水平に生えていることによって、周囲の組織に悪影響を及ぼしがちです。親知らずが虫歯になれば、隣の歯にも感染が広がります。生え方によっては、隣の歯を圧迫し、歯根を吸収させることもあります。その結果、歯列全体を乱すことにもつながるのです。それだけに、抜歯が適応されるケースが多くなっています。

親知らずを安全に抜くために、症例に応じてCTを使用します。

親知らずを安全に抜くために、症例に応じてCTを使用します。

親知らずの抜歯で、最も注意すべきなのは「下歯槽神経の損傷」です。親知らずのすぐ近くには、下顎管と呼ばれる空洞があり、その中に下歯槽神経が走っています。抜歯の際にこの神経を傷つけると、術後「下歯槽神経麻痺」といった症状が現れ、唇から顎にかけてしびれや感覚異常が生じます。そこで当院では、術前に歯科用CTを活用することで、下顎管の正確な位置を把握します。その結果、神経の損傷という偶発症を未然に防いでおります。

その他の口腔外科の治療

外傷

外傷

口腔外科では、親知らずの抜歯以外にも、外傷に対する治療も行っております。転倒や衝突などによって、口腔周囲に強い圧力がかかると、歯が破折したり、ひび割れたりします。あるいは、歯が丸ごと脱落してしまうこともあります。そういった外傷による歯の損傷にも対応しておりますので、緊急時にはご来院ください。

歯根破折が疑われる症例

歯が折れたり、抜けたりした場合は、肉眼で確認することができますが、歯根の破折は要注意です。外から見えないため、破折していても気づかないケースも珍しくありません。そこで、外傷後に以下のような症状があれば、歯根破折が疑われますので、早めにご来院ください。

  • 歯肉に腫れや膿が生じている
  • ものを噛んだ時に強い痛みを感じる
抜けた歯の保存方法

抜けた歯の保存方法

外傷によって歯が折れたり、抜けたりしたら、歯科医院を受診するまで保存しておいてください。場合によっては元に戻すことも可能です。その際、流水で軽く汚れを落とした後、専用の保存液や牛乳に浸した状態で保存しましょう。そうすることで、歯根の周りに付着している「歯根膜」という大事な組織を生かすことができます。歯根膜が死んでしまうと、歯を戻せなくなるため注意が必要です。また、受診は早ければ早いほど、歯を戻せる可能性も高まります。

歯牙移植

歯牙移植

歯牙移植とは、患者様ご自身の歯を抜いて、別の部位へと移植する治療法です。例えば、奥歯を1本失った場合、親知らずが健康な状態であれば、抜歯をして、欠損部に移植することが可能です。移植歯は患者様ご自身のものなので、拒絶反応は起こりにくいです。また、入れ歯やブリッジといった大型の補綴装置を装着せずに済むというメリットも挙げられます。

口腔腫瘍の診断

口腔腫瘍の診断

お口の中にできるできものは放置すると重度の障害がでてしまう事があります。また、なかには悪性腫瘍(いわゆるガン)が発見される事もあります。
このようなお口の中のできものの診断を行い、当院で対応可能のものに関しては手術行い、悪性腫瘍などの専門的な治療が必要な場合は専門機関をご紹介いたします。
お口の中のできものなどで、気になることがあればお気軽に、ご相談ください。

お口のことで気になることがあれば、どうぞお気軽にご来院ください。来院される際は、下記のバナーからWeb予約をお願いいたします。

Web予約はこちらからWeb予約はこちらから