マイクロスコープ

肉眼では見ることのできない箇所まで拡大できるマイクロスコープ

門真市西三荘駅の歯医者「すが歯科クリニック」は、マイクロスコープ(歯科用顕微鏡)を導入し、精密治療を行っております。
このページでは、このマイクロスコープについてご紹介いたします。

マイクロスコープとは?

マイクロスコープとは?

マイクロスコープ(歯科用顕微鏡)とは、主に根管治療で利用される医療用の顕微鏡です。医科の手術で使用されていたものを歯科用に活用したもので、日本においてはまだそれほど普及しておらず、全国的には3~4%程度の普及率に留まっています。口腔内は暗く、狭いだけでなく、治療の対象となる歯牙組織は、非常に精緻で多くの病変は目で確認することが困難です。そこで、肉眼の20倍にまで患部を拡大できるマイクロスコープを活用することで、治療の精度を向上させます。当院が導入しているマイクロスコープは、アレグラという上位機種となっております。

マイクロスコープのメリット
01

診断や治療において経験や勘に頼ることが少なくなる

深部に及ぶ虫歯や根管内の病変というのは、肉眼で確認することができず、自ずと歯科医師の経験や勘に依存する部分が生じます。そこで肉眼の20倍にまで視野を拡大することで、勘に頼ることのない正確な治療を実践することが可能となります。

02

治療の精度が高まる

肉眼では見落としがちな小さな虫歯や、根管内の微細な構造も、マイクロスコープによって確認することが可能となります。その結果、治療の精度が高まり、虫歯の再発や不適切な根管治療を未然に防ぐことができます。

03

処置の様子を映像で確認できる

マイクロスコープにはCCDカメラが設置されていますので、処置を施している様子をリアルタイムで確認することができます。必要に応じて、映像を用いた治療内容の説明もさせて頂いております。保険適用外とはなりますが、治療部位等を詳細にお伝えしますので、患者様ご自身に治療内容を正確に把握して頂く手助けとなります。

マイクロスコープの活用例
虫歯治療
虫歯治療 初期の虫歯というのは、肉眼で確認することはほぼ不可能です。また、探針を用いた触診でも、病変部を検出するには熟練した技術が必要です。けれども、マイクロスコープによって視野が20倍に拡大されれば、比較的容易に初期の虫歯も発見することができます。また、虫歯治療を行う際にも、健全な歯質と汚染された歯質の境界が見分けやすいため、切削する量を最小限に抑えることが可能となります。
根管治療
根管治療

歯根の内部にある根管は、非常に複雑な形態をしています。それだけに、肉眼による根管治療では、汚染された神経や血管、歯質などを取り残して病巣が再発するようなケースが多々見られるのです。けれども、マイクロスコープを活用すれば、肉眼では見えなかった部分まで根管内の状況を把握でき、精密な根管治療を実現することが可能となります。その結果、根管治療の成功率が高まるのです。

  • 歯髄断髄における術野の止血を確認できる

歯髄断髄において、治療を成功させる上では術野の止血が鍵を握っています。その止血ができているかをマイクロスコープの拡大下にて確実に確認することで可能となり、治療成功の確率が飛躍的に向上します

  • 根管内の亀裂や穿孔を確認できる

根管の状態が悪い場合、歯に亀裂が入っていることや、歯に穴があいている場合があります。その確認は肉眼ではで行えません。そこでマイクロスコープを活用することで、確実に原因を追求できます。

補綴治療
補綴治療 適合精度の高い補綴物を作るには、歯質を精密に削る必要があります。歯科医師の経験や勘に頼った肉眼での形成処置では、出来上がる補綴物の精度もケースバイケースで変化します。しかし、マイクロスコープを用いることで、どの歯科医師が治療を担当しても、一定水準以上の治療を実施することが可能となり、出来上がる補綴物の品質も保証されます。
歯周病治療
歯周病治療 マイクロスコープを用いることで、歯石の見落としが減り、スケーリングやルートプレーニングの効果も高まります。また、手技が正確になるため、処置に伴う不要な痛みや出血を抑えることが可能です。
歯周外科
歯周外科 マイクロスコープを使用し、歯周外科を行う事で、侵襲を最小限に少なくすることができます。
歯のクラック(亀裂)の確認
歯のクラック(亀裂)の確認 エナメル質はとても硬い組織ですが、強い圧力が加わるなどすると、表面に亀裂が生じることがあります。これをクラックといい、歯の痛みや違和感の原因となります。そんなクラックは肉眼で確認することはなかなか難しいので、マイクロスコープが役立ちます。クラックを放置すると、虫歯などを引き起こす原因にもなり得ますので、必要に応じて治療を施すことがあります。
パーフォレーション部の確認
パーフォレーション部の確認 拡大視野でその部分を確実に、埋めることで歯の保存が可能になります。

お口のことで気になることがあれば、どうぞお気軽にご来院ください。来院される際は、下記のバナーからWeb予約をお願いいたします。

Web予約はこちらからWeb予約はこちらから