レーザー治療

レーザーを用いた歯科治療

門真市西三荘駅の歯医者「すが歯科クリニック」では、レーザー治療を行っております。「レーザー」と聞くと、何かとても怖いものを想像しがちですが、歯科治療に用いるレーザーは安全な医療機器です。ここでは、当院でも導入しているし歯科用レーザーについてご紹介します。

歯科用レーザーとは

病変だけに反応する安全なレーザー

歯科用レーザーとは

歯科用レーザーは、医科で使われている医療用レーザーを歯科用に改良したものです。特定の物質のみに反応する性質があるため、歯質や歯肉にダメージが及ぶことはありません。虫歯菌に侵された病変部だけを除去できる優れた医療機器です。さらに、レーザー光には細胞を活性化し、再生を促進する働きも期待できます。安全性が高く、副作用も少ない歯科用レーザーは、妊婦の方やペースメーカーを埋め込まれている方にも使用することが可能です。

歯や歯肉へのダメージが減る

歯や歯肉へのダメージが減る

歯科用レーザーを虫歯治療に用いると、歯質の切削量を抑えることができます。なぜなら、レーザーは病変部だけを効率的に除去できるからです。健康な歯質を可能な限り残すことに貢献します。
また、歯肉を切開する際にも、歯科用レーザーを活用することができます。従来のメスによる切開では、出血を伴うことはもちろんのこと、傷口を縫合する必要がありました。けれども、歯科用レーザーであれば、切開と同時に止血ができ、殺菌まで行えてしまいますので、術後の炎症や感染を抑え、傷口の治癒も早まります。その結果、患者さまのお体への負担は大幅に減少します。

注意点
  • レーザーを照射する際には、瞬間的な痛みを感じることがあります
  • 施術後数日間は、熱いものや辛いものなどの刺激物は避けるようにしてください
  • レーザーを照射した部位には、歯ブラシが当たらないようブラッシングを行ってください

当院で使用するレーザー治療機器について

当院で使用するレーザー治療機器について

当院では、炭酸ガスレーザーの最新機種である「オペレーザーproプラス」(※株式会社ヨシダ製)を導入しております。
炭酸ガスレーザーの光は、水分によく吸収されるのが特徴で、歯ぐきなどの水分が多い部分に照射するとすぐに吸収されるためレーザの光は組織の深い部分には届かず、表面を順に患部を切り取ることが可能になります。
患部に接触することなく、無圧的、無菌的に手術ができるので、治療後の痛みや腫れもないことから、歯ぐきの治療には最も適していると言われております。

また、抜歯後の止血、虫歯の進行の予防、初期の虫歯の進行停止、知覚過敏の処置などの治療例が幅広いというのが特徴です。
非接触・出血が少ない為、感染予防対策にすぐれた手術機器としても注目されています。

歯科治療におけるレーザーの活用例

虫歯治療

虫歯治療

虫歯治療では、タービンなどの切削器具で一通り病変部を取り除いた後に、レーザーを照射します。取り残した病変の除去し、虫歯菌を殺菌することで虫歯の再発を防ぎます。

根管治療

根管治療

歯の根っこの治療では、リーマーと呼ばれる細い器具を使ったり、消毒薬などを作用させたりすることで、根管内の無菌化に努めます。けれども、根管内はとても複雑な形態をしており、なお且つそのすべてを肉眼で確認することができないため、確実に無菌化することは困難です。そこで、歯科用レーザーを活用し、根管内の殺菌を効率的に進めていきます。その結果、治癒も早まり、再治療の必要性も低下します。

歯周病治療

歯周病治療

歯周病が重症化する主な原因は、歯周ポケット内の歯垢や歯石、そこに住み着く歯周病菌です。歯周ポケット内で歯周病菌が繁殖するにつれ、炎症が強まり、歯肉だけでなく歯槽骨まで破壊していきます。
そんな歯周ポケットは、深くなると歯ブラシなどでは清掃不可能となります。また、SRPのような歯石除去を行っても、ポケット内に細菌が残存します。そこで、殺菌力が強く、到達性の良い歯科用レーザーを用いることで、歯周ポケット内の炎症を低減し、治癒の促進に努めます。

象牙質知覚過敏症

象牙質知覚過敏症

知覚過敏は、「歯がしみる」といった症状を引き起こす病態で、主に歯根面に生じます。歯周病などによって歯肉が下がり、エナメル質が存在しない歯根面が露出すると、冷たいものがしみるようになります。これを象牙質知覚過敏症と呼び、従来法ではレジンでコーティングするなどの処置がとられますが、当院ではレーザー治療をおすすめしております。レーザーを照射することで知覚過敏の症状が軽減されます。

歯肉の色素沈着

歯肉の色素沈着

喫煙習慣がある人は、歯肉にメラニン色素の沈着が認められます。そこに歯科用レーザーを照射することで、上皮を蒸散し、歯肉の再生を促します。施術後、歯肉には徐々に健康的なピンク色に戻っていきます。

口内炎

口内炎

口内炎や口角炎など、口腔周囲の粘膜に生じた炎症は、歯科用レーザーによって改善が見込めます。痛みが緩和され、傷口の治癒も促進されます。

オペ(歯肉や舌小帯の切除)

オペ(歯肉や舌小帯の切除)

歯科用レーザーは、オペにおいても様々な場面で活用されます。例えば、舌小帯が原因で発音障害や歯列不正が生じている症例では、レーザーを用いて舌小帯を切除します。出血がなく、短時間で痛みの少ないオペが可能です。その他、歯肉の切除にもメスの代わりにレーザーを活用することができます。

お口のことで気になることがあれば、どうぞお気軽にご来院ください。来院される際は、下記のバナーからWeb予約をお願いいたします。

Web予約はこちらからWeb予約はこちらから