治療費用

すが歯科クリニックの治療費用

門真市西三荘駅の歯医者「すが歯科クリニック」では、明朗会計でわかりやすい料金設定を目指します。このページでは、当院の治療費用ついてご案内いたします。

インレー(詰め物)

e-max セラミックインレー

e-max セラミックインレー

【長所】

  • 美しさNo.1!自然で透明感のある色
  • 金属アレルギーにならない
  • 目の細かい材料で型を取るため精度が高く歯と詰め物の間に段差ができにくい

【短所】

  • 極度の衝撃で割れることがある
  • 大臼歯に使用すると割れる事がある

料金:50,000円

ジルコニアセラミックインレー

ジルコニアセラミックインレー

【長所】

  • 金属と同じくらい硬く割れにくい
  • 金属アレルギーに生らない
  • 目の細かい材料で型を取るため精度が高く歯と詰め物の間に段差ができにくい

【短所】

  • 透明感がないためe-maxと比べると審美性に欠ける
  • 自費治療となるため費用が高くなる

料金:65,000円

ゴールドインレー

ゴールドインレー

【長所】

  • 咬み合せる歯に負担が少ない
  • 目の細かい材料で型を取るため精度が高く歯と詰め物の間に段差ができにくい

【短所】

  • 色が金色のため目立つ

料金:60,000円

メタルインレー(保険適応)

メタルインレー(保険適応)

【長所】

  • 保険内で低価格でできる

【短所】

  • 色が目立つ
  • 2次むし歯になりやすい
  • 金属アレルギーになる可能性がある

料金:約2,000円

インレー一覧表

インレー一覧表

※クリックすると拡大します。

クラウン(被せ物)

ジルコニアステインクラウン

e-maxクラウン

【長所】

  • 金属アレルギーにならない
  • ほとんど変色しない
  • 清潔感が高くプラークがつきにくい

【短所】

  • 自費治療となるため費用が高くなる

料金:150,000円

※10年間以内に抜歯になりインプラントになった場合は、インプラント治療費用から15万円お引きいたします。

ジルコニアレイヤリング

ジルコニアレイヤリング

【長所】

  • 美しさNo.1!自然で透明感のある色
  • 金属アレルギーにならない
  • ほとんど変色しない
  • 清潔感が高くプラークがつきにくい

【短所】

  • 極度の衝撃で割れることがある
  • 自費治療となるため費用が高くなる

料金:120,000円

フルジルコニアクラウン

フルジルコニアクラウン

【長所】

  • 金属と同じくらい硬く割れにくい
  • 金属アレルギーにならない
  • プラークがつきにくい
  • 摩耗に強い

【短所】

  • 透明感がないためセラミックと比べると審美性に欠ける
  • 自費治療となるため費用が高くなる

料金:120,000円

メタルボンドクラウン

メタルボンドクラウン

【長所】

  • 自然に近い美しい白色で殆ど変色しない
  • プラークがつきにくい
  • 裏側に金属を使っているので耐久力が高い

【短所】

  • 極度の衝撃で割れることがある
  • 内面に金属を使っているため歯ぐきが黒く変色することがある

料金:100,000円

ハイブリッドクラウン

ハイブリッドクラウン

【長所】

  • 色が白く目立たない
  • 裏側に金属を使っているので、ある程度の耐久性がある

【短所】

  • 衝撃で割れることがある
  • 色が変色することがある
  • プラスチックの噛む面が磨耗する

料金:70,000円

ゴールドクラウン

ゴールドクラウン

【長所】

  • 耐久性がある
  • 金属アレルギーになりにくい
  • 咬み合せに自然になじんでくれる

【短所】

  • 色が目立つ

小臼歯:100,000円
大臼歯:120,000円

メタルクラウン(保険適応)

メタルクラウン(保険適応)

【長所】

  • 健康保険が適用できる(一部除く)

【短所】

  • 色が目立つ
  • 2次むし歯になりやすい
  • 金属アレルギーになる可能性がある

料金:約3,000~4,000円

CAD/CAM(保険適応)

CAD/CAM(保険適応)

【長所】

  • 保険適用内で出来る

【短所】

  • 割れることがある。
  • 年月が経つと多少変色する。
  • 小臼歯のみの適応。

料金:約8,000~9,000円

レジン前装冠(保険適応)

レジン前装冠(保険適応)

【長所】

  • 健康保険が適用できる(一部除く)
  • 色が白いのでそこそこ見た目がいい

【短所】

  • 色が変色する
  • 2次むし歯になりやすい
  • 金属アレルギーになる可能性がある
  • 保険適応となるのは前から3番目の歯まで

料金:約6,000~7,000円

その他
  • 仮歯

料金:3,000円

  • 仮歯(咬合再構成時)

料金:5,000円

クラウン一覧表(臼歯部)

クラウン一覧表(臼歯部)

※クリックすると拡大します。

クラウン一覧表(前歯部)

クラウン一覧表(前歯部)

※クリックすると拡大します。

コア(土台)・その他の技工物

コア(土台)

被せ物を装着する際に、歯の根に補強の芯をたてます。これがコアです。

ファイバーコア

ファイバーコア

【長所】

  • 硬さや弾性が歯とほぼ同じのため歯が割れる(歯根破折)のリスクが低い。
  • 強度があり耐久性がある。
  • 光の透過性があり歯に似た白さのため、自然で透明感のある美しい歯を再現できる。
  • 金属の溶け出しによる歯茎の変色、金属アレルギーなどの心配がない。
  • 歯を削る量が少ない(口腔内で製作する場合)。

【短所】

  • 自費治療のため費用がかかる。

料金:15,000円

メタルコア(保険適応)

メタルコア(保険適応)

【長所】

  • 保険適用内で出来る

【短所】

  • 長期間使用すると金属イオンの流出し金属アレルギーのリスクがある。
  • 歯肉が黒く見えてしまう。
  • 歯に対して硬すぎるため、力が加わると歯が割れることがある。

料金:約600円

その他の技工物
接着性ブリッジ

接着性ブリッジ

抜けている歯の部分を含めて連結されたかぶせ物です。

料金:1歯/100,000円

ラミネートべニア

ラミネートべニア

歯の表面をごくわずかだけ削って薄い板を貼り付ける方法です。

料金:100,000円

仮歯

仮歯

最終的な補綴物が出来るまでの仮の歯です。

料金:3,000~5,000円

ホワイトニング

ホームホワイトニング

ホームホワイトニング

専用のトレーを装着し自宅でできるホワイトニングです。

  • トレー片顎/ジェル2本
    15,000円
  • トレー上下顎/ジェル4本
    25,000円
  • 追加ジェル(4本)
    6,000円※当医院にてトレー作製時
オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニング

歯科医院で行うホワイトニングです。

  • 初回
    15,000円
  • 2回目以降(※6か月以内)
    10,000円
ホーム+オフィスホワイトニング

ホーム+オフィスホワイトニング

より白さを実感したい方のホワイトニングです。

料金:40,000円

義歯(入れ歯)

部分義歯(入れ歯)
コバルトクロムの部分義歯

コバルトクロムの部分義歯

オーダーメードで設計、製作できるため、装着感のよい義歯ができあがります。
薄くて(約0,8mm)、熱伝導性のよい金属を使用するため、丈夫なだけでなく、温度が伝わりやすく、おいしく食べられます

料金:200,000円~

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャー

留め具に金属を使わないため、義歯だと分からないくらい自然に仕上がります。
入れ歯だと気づかれたくない方にオススメです。
強度の必要な部分に金属を併用することもできます。

料金:100,000円~

インプラント

インプラント

歯を失ったものの、入れ歯を入れたくない場合や、ブリッジをかぶせるために両隣の歯を削りたくない場合に、人工の歯根をアゴ骨に埋め込み、その上に歯をかぶせます。
天然の歯と同等の機能をとりもどすことができます。

料金:300,000円~

総義歯(入れ歯)
コバルトクロムの総義歯

コバルトクロムの総義歯

保険入れ歯の約1/3の薄さで、熱が伝わりやすいだけでなく耐久性にも優れているため快適な状態で永くお使い頂ける入れ歯です。

料金:250,000円

チタンの総義歯

チタンの総義歯

重量が軽いチタンを使用しているため、顎になじみやすく、口の中の違和感が少なくてすみます。
また、アレルギー反応を起こしにくいという特徴もあります。

料金:300,000円

部分義歯(入れ歯)一覧表

部分義歯(入れ歯)一覧表

※クリックすると拡大します。

総義歯(入れ歯)一覧表

総義歯(入れ歯)一覧表

※クリックすると拡大します。

インプラント

CT検査

CT検査

骨の3次元画像検査、診断費も含みます。

料金:5,000円

スタンダードインプラント※上部構造込み

スタンダードインプラント※上部構造込み

オステムインプラントを使用します。
オペ(手術)+インプラント体+上部構造全て含みます。

料金:280,000円

ハイクラスインプラント※上部構造込み

ハイクラスインプラント※上部構造込み

ストローマンインプラントを使用します。
オペ(手術)+インプラント体+上部構造全て含みます。

料金:330,000円

インプラントオプション
  • メジャーGBR(1部位あたり)

    ソーセージテクニックなどの特別な手技を、用いて大幅な骨の再生を施す処置になります。

    料金:100,000円

  • マイナーGBR(1部位あたり)

    ジェイソンメンブレンなどの膜を用いて骨の再生を施す処置になります。

    料金:50,000円

  • ソケットリフト(1歯あたり)

    上あごの骨が少ない方の手術になります。

    料金:50,000円

  • サイナスリフト(1歯あたり)

    上あごの骨がかなり少ない方の手術になります。

    料金:100,000円
    ※骨費用+50,000円

  • セデーション

    麻酔専門医が全身の管理を行い、気持ちをリラックスさせる麻酔法です。

    料金:80,000円

  • FGG(1歯あたり)

    結合組織を移植し、歯肉を増やす方法です。

    料金:50,000円

  • CTG(1歯あたり)

    上あごの口蓋から上皮の付いた歯肉を移植する方法です。

    料金:50,000円

矯正治療

プレオルソ

プレオルソ

日中1時間と就寝時のみの装着する子どもの矯正装置です。

料金:50,000円

小児矯正

小児矯正

1期治療(6歳~10歳くらいまで)で行う子どもの矯正です。

料金:300,000円

頬側矯正(セラミックブラケット)

頬側矯正(セラミックブラケット)

金属のブラケットに比べて目立ちにくくなっています。

料金:700,000円

舌側矯正(リンガル矯正)

舌側矯正(リンガル矯正)

歯の裏側に装着するブラケットで、矯正をしていることがわかりません。

リンガル矯正:1,100,000円
ハーフリンガル矯正:900,000円

マウスピース矯正(インビザライン)

マウスピース矯正(インビザライン)

透明のマウスピースを用いた矯正装置です。

インビザラインフル:800,000円
※加速矯正:+100,000円
※加速矯正の抜歯:1本/20,000円
インビザラインライト:400,000円~
インビザラインファースト:450,000円~
※二期治療(12歳頃~):+350,000円

MSEⅡ急速拡大装置

MSEⅡ急速拡大装置

固定式の子ども用の矯正装置です。

料金:150,000円

i-stationアンカー装置

i-stationアンカー装置

アンカーインプラントを埋入して行う矯正装置です。

料金:150,000円

その他矯正費用
  • 矯正診断料 / 30,000円
  • エクストリュージョン(矯正的挺出) / 50,000円
  • 骨形態修正手術 / 50,000円
  • MTM(部分矯正) / 100,000円~
  • ミニアンカー(矯正用ミニインプラント) / 100,000円~
  • リテーナー(保定装置) / 20,000円
    修理・再作成時※片顎

根管治療

当院では、少しでもやり直しの少ない精度の高い根管治療をご提供したいためご希望の方には自費治療で行わせて頂いております。
下記が保険治療と自費治療の根管治療の違いになります。

  保険治療 自費治療
診断 デンタルX線撮影(2次元) 追加で、歯科用CT(3次元)
1回の治療時間 約20~30分 約60~90分
治療費 数千円(3割負担) 数万~10数万
視野 裸眼(手指の感覚に頼るところが多い) マイクロスコープ(手術用顕微鏡で拡大)
お掃除する道具 滅菌して使い回し 新品
ステンレスファイル(破折の可能性大) Ni-Tiファイル(破折の可能性小)
ラバーダム防湿 無し 有り
(お口の中の細菌の防御)
根管充填 側方加圧充填 垂直加圧充填(根尖や側枝まで入る)
(最終的なお薬の詰め方) MTA根管充填
根管治療終了後の土台 メタルコア(破折の危険性が高い) ファイバーコア(歯と同じようにたわむ硬さ)
治療成功率(文献) 抜髄処置(約60%前後) 抜髄処置(約90%前後)
精密根管治療(自由診療)

精密根管治療(自由診療)

  • 抜髄
    前歯・小臼歯/ 64,800円
    大臼歯/ 86,400円
  • 感染根管処置
    前歯・小臼歯/ 75,600円
    大臼歯/ 97,200円
  • その他
    過去に治療した歯の再治療/ +21,600円
    MTAセメント/ 32,400円

その他の治療

  • コンポジットレジン充填 / 20,000円~50,000円
    ※1歯あたり
  • 歯周病に対する再生療法 / 50,000円~100,000円
    ※1歯あたり
  • 歯肉移植術や根面被覆術 / 50,000円~100,000円
    ※1歯あたり
  • 咬合再構成時のワックスアップ診断 / 100,000円

保険治療と自費治療の違い

保険治療と自費治療の違い

保険と自費では、治療方法や使用できる素材などに違いがあり、それぞれメリット・デメリットがあります。
保険が適用される治療の場合、「全国どこでも、同じ費用で、同じ治療が受けられる」ことが、一番のメリットです。使用する素材や治療手法が定められているため、最低限の料金負担で食事や会話など日常生活に必要な機能を回復させることが可能です。
ですが、保険適用の治療では、デメリットもあります。
例えば、欠損した歯を補うために保険で銀歯を使用することがあります。銀歯は、食事をするための機能回復が目的であれば耐久性や強度は十分です。しかしながら、金属アレルギーを持っている人には不向きで、むし歯が再発しやすいという欠点があります。また、前歯など見えやすい位置の歯に銀歯を使うと、口を開いたときに目立ってしまい口元が気になるものです。

保険治療と自費治療の違い

一方で、自費診療は保険診療とは異なり、内容や費用についてルールがなく(医療法や医師法に従うことが大前提)、保険適用外の新薬や最先端の医療等を受けることができます。
=特殊な方法によって保険診療では改善できない症状の回復や健康の増進が期待できます。

まんがで解説(自費と保険の違い)
  • まんがで解説(自費と保険の違い)
  • まんがで解説(自費と保険の違い)
  • まんがで解説(自費と保険の違い)
  • まんがで解説(自費と保険の違い)
  • まんがで解説(自費と保険の違い)
  • まんがで解説(自費と保険の違い)
  • まんがで解説(自費と保険の違い)
  • まんがで解説(自費と保険の違い)
  • まんがで解説(自費と保険の違い)
  • まんがで解説(自費と保険の違い)
  • まんがで解説(自費と保険の違い)
  • まんがで解説(自費と保険の違い)
  • まんがで解説(自費と保険の違い)
  • まんがで解説(自費と保険の違い)
  • まんがで解説(自費と保険の違い)
  • まんがで解説(自費と保険の違い)
  • まんがで解説(自費と保険の違い)
  • まんがで解説(自費と保険の違い)
  • まんがで解説(自費と保険の違い)
  • まんがで解説(自費と保険の違い)
  • まんがで解説(自費と保険の違い)

保証について

ガイドデント長期保証について

当院は、歯科専門の保証機関から認定を受けており、当院でインプラント、審美治療をされた患者様は、同保証機関が提供する保証サービスのご利用ができます。(※要申込)

インプラント10年保証について

インプラント10年保証について

保証限度額
上部構造100,000円まで
インプラント体200,000円まで

ご留意点
保証限度額に到達するまで繰り返し保証します。
この保証は役務保証。金銭保証ではありません。
※アバットメントはインプラント体の保証範囲に含まれます。
※インプラントを埋め入れた日から保証がスタートします.

審美歯科治療5年保証について

治療後の不具合やアクシデントから、クラウン・インレー等を5 年間、ロングサポートいたします。
審美歯科治療5年保証は、第三者保証機関がバックアップすることにより、保証履行の確実性向上と保証範囲の拡大を図る新しいカタチの歯科医療保証システムです。

審美歯科治療5年保証について

デンタルローンに関して

デンタルローンとは、信販会社が治療費を立て替え、患者様が信販会社に分割でお支払いする方法です。
デンタルローンをご利用頂く事で、ご自分に合ったご返済プランを無理なく組むことが可能になります。

デンタルローンに関して

お支払い例

例えば、矯正治療(総額:\756,000)をデンタルローンを使用してお支払いをした場合

お支払い例

デンタルローンに関して、ご不明な点がございましたらお気軽にスタッフまでご相談ください。

医療費控除について

医療費控除とは、1年の間に本人または生計を共にする配偶者やその他親族が支払った医療費に関して、一定額を超える場合に所得控除を受けることができる制度です。

対象となる医療費は、医師または歯科医師による診療や治療の対価、治療や療養等に必要とする医薬品購入の対価、入院費や通院費などが含まれます。そのため、歯科医院での治療や薬局で処方した薬なども医療費控除の対象です。自由診療で高額になりがちなインプラントなどの治療も、場合によっては対象となりますのでご相談ください。なお、控除を受けるには、治療を行った翌年にご自身で確定申告が必要です。

控除金額について

医療費控除の金額は、次の式で計算した金額(上限200万円)までとなります。

医療費控除額 = 実際に支払った医療費の合計額 - (1)の金額 - (2)の金額

(1)保険金で補填された金額(生命保険の給付金や、健康保険で支給される高額療養費、家族治療費、出産育児一時金等)
(2)10万円もしくは所得額の5%のいずれか少ない金額

なお、実際に還付される金額は、上記で算出した医療費控除額×所得税率です。所得税率は所得額が多いほど高くなるため、高所得者ほど還付金が多くなります。

控除金額について

控除対象となる医療費
  • 医師、歯科医師に支払った治療費や診療費
  • 治療または療養のための医薬品購入費(予防や健康増進のための医薬品は含まず)
  • 入院、通院にかかる費用
  • あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師、柔術整復師による施術の対価(疲れを癒す、体調を整える等は含まず)
  • 助産師による分娩介助の対価
  • 治療に通うために公共交通機関を使った場合の交通費
  • その他
医療費控除を受けるために
  • その年の1月1日から12月31日までに支払った医療費が、10万円を超える場合に限り対象となります(所得金額合計が200万円未満の方は、総所得額の5%以上を支払った場合が対象となります)
  • 翌年2月16日から3月15日までの間に、ご自身で確定申告を行う必要があります。その場合、必ず領収書の原本が必要になりますので、1年分の領収書を保管しておいてください。なお、領収書の再発行は、基本的にできません。
  • 代金を分割払いにしている場合、未払い分の医療費は控除対象に含まれません。

※詳細は、国税局ホームページにてご確認ください

お口のことで気になることがあれば、どうぞお気軽にご来院ください。来院される際は、下記のバナーからWeb予約をお願いいたします。

Web予約はこちらからWeb予約はこちらから